HPトップへ戻る
私が生まれたのは埼玉県上福岡です。小さい頃から絵を描くことが好きだったようで部屋の隅で黙々とクレヨンをもって車や船を描いていたそうです。そんな様子を見て父が近所の画塾に通わせてくれたことがきっかけで5歳から父の転勤で引っ越しすることとなった小学5年生の11歳まで約7年間、水彩、油彩、石膏デッサン等を学びました。その後は学校の美術の時間で多少絵筆を持つことはありましたが、就職し勤めるようになると全く絵を描くことはなくなりました。定年退職があと2年となった2013年度に定年退職後どんな生き方を目指そうかと検討を開始し、幼い頃にやっていた絵画の世界にもう一度挑戦してみたいという気持ちが湧いてきました。
そうは言ってもなにしろ11歳から約50年近く絵筆を持たずにいましたから、「勘」も戻っておりません。まず「一枚の絵」という月刊誌を購入してみたところ、「王軍先生」とか「小野月世先生」の作品を見て、「水彩画でここまで表現できるのか!」とびっくりしました。そこで最初は水彩画の教材の絵を模写したりとまずは「マネ」するところからスタートしました。
最終的には油彩画を描くことを目標としておりましたが、水彩画には水彩画としての奥深さがあり、油彩画のように重ね塗りできないため、光や白を表現するには、画用紙の白をそのまま残したりしますし、水での微妙なぼかしなど、繊細な作業が要求され、なかなか思ったようにできません。本当に難しいです。描けば描くほど「下手だなぁ。。」と思い知らされますが、年間52~3枚、週1枚ペースで描き続け、いろいろな描き方や色を試してみて、それでも少しずつ前進していると信じたいです。
前のギャラリーは画質を落として掲載しましたが、リニューアルの都度、徐々に画質を良くしています。
2018年リニューアルでは、これまでの480×360だったものを600×450と25%upしました。画像にカーソルを当ててクリックすると画面が大きく見やすくなります。
またこれまでの仕事人生では「年度単位」で行動していて退職時期も3月末だったので、自然と4月始まりが普通でしたが、グローバルに考えれば、年明けがスタートが自然です。そこで2018年から変更します。
2018年度(3)
2018年度(2)
2013年度
2014年度
2015年度(2)
2015年度(1)
2016年度(3)
2016年度(2)
2016年度(1)
(2017年4月~12月)
2017年度(3)
2017年度(2)
2017年度(1)
2018年から1月~12月の「年単位」にします。
2018年度(1)
HPトップへ戻る
ギャラリートップ
描き始めた経緯について