ダイアリー2018年10月

                              ダイアリートップへ戻る       HPトップに戻る

台風24号が日本列島を縦断して北海道に抜けてゆき、そして10月が始まりました。
沖縄県知事選挙は翁長前知事の意志を継いだ玉城氏が当選。北海道では西武がパリーグ制覇決定。山口では樋田容疑者逮捕。明日は内閣改造だそうです。論功行賞?何言ってるんですかね。国民より自分の地位が大事?志ある政治家がもっと増えないと日本の将来が心配ですよね。
たばこ税も値上げされ、それでたばこも440円から480円に値上げ?もう禁煙して17~8年。自分が吸っていた頃は、220円とか250円だったように思うけど、ずいぶん高くなったもんですね~。たばこは嗜好品なので、人に迷惑をかけない範囲でなら吸うことに反対はないです。覚醒剤じゃないし。お酒はいいけど、お酒を飲んで運転するやつは最低。見つかれなければいいと思っている時点でアウトです。
今回高校時代の友人達との語らいの会の指定で「ビフォア・サンライズ」を観て、その勢いで三部作の「ビフォア・サンセット」、「ビフォア・ミッドナイト」を観ましたが、ひたすら理屈っぽく男女で語り合うシーンが続くのですが、日本人との感覚の違いを感じました。恋人同士の会話であればもしかしたら相手を知ろうとする時にいろいろ質問する場合もあるかと思いますが、夫婦で長年一緒に過ごしてきた後の会話としては、あんなふうに相手を傷つける言葉は言わないよなぁ~と感じました。日本人はもっと思いやる。もっと謙虚だし、感謝するし。。って、最近の日本人は違うのかなぁ。。
さあ、昨日は台風と雨で一日中家で過ごしましたが、今日は32℃になるそうで、洗濯物もよく乾くでしょう。10月は災害のない、「芸術の秋」か「食欲の秋」か、どんな秋になるかなぁ。。(2018/10/1)


・今日も晴れましたが、さすがに30度超えにはならず、秋らしい季節になりましたね。
10月に入り、テレビは特番ばかりで、10月から始まる新ドラマの番宣特番が多い感じです。来週あたりからポチポチ始まると思いますが、一時不振だったフジテレビも前回の「健康で文化的な。。」あたりから頑張っている感じで、今回も期待できます。個人的には有村架純とか新垣結衣とかが出てくれるので楽しみです。来週あたり、出揃ったら新ドラマコメントもやりましょうかね。
そうそう、大雨対策でTSUTAYAで借りてきた中にガッキー主演の「ミックス」もあって、昨日観ましたが、やっぱりガッキーはかわゆい(^^)/ なんと卓球のライバルに永野芽衣ちゃんが出てました。広末涼子も頑張ってたし、普通に楽しめました。映画に感動を求めるか、娯楽を求めるか、その時々で求めるものは違うかもしれません。これはこれでいいと思います。朝の連ドラの「まんぷく」は「半分、青い」ロスで今ちょっと盛り下がっていて、それよりBSで再放送している「べっぴん」の方がミスチルのテーマ曲も合わせて懐かしくていい感じです。ほんの二年前だったのに、あっという間に懐かしくなるんですね。
今年は1月に足裏の痛みが出てからずっとこんな感じですが、ずっと朝起き時は足が痛く、歩いているうちに気にならなくなるという状態に加えて、ジムで走っている時はそれほど痛くなく、歩いて帰ってくる時は痛く、翌日は少し痛く、大事を取って休んでいるとますます痛く、2~3日休んで「痛いから休もうかな、やっぱりジムに行って無理しない程度に運動した方がいいかな」と思いつつ、ジムまで行って、最初はこわごわ歩いていると少し痛く、徐々にスピードを上げて11.5km/hくらいまでいくと反対に痛くなくって、むしろ快調に走れ、速度を緩めて歩きはじめるとまた痛くなって。。となんとも不思議な状態なんです。先週リウマチのクリニックに行って、詳細検査をしてきて、今日午後に検査結果を聞きに行きますので、何かわかるかもしれません。歩いていて痛みが気にならなくなっている時も、足指で地面を押すような、キックするようなバネは使えないので、早く走ることはできません。去年と同じ状態は望めないまでも、今年のこの状態からもう少し改善できるよう、あきらめずにもう少しあがいてみます。手の指も親指の節の腫れがあって、ペンを握りずらいので、文字や絵を描くのに支障が出てきてはこまりますからね。この10月からあと3ヶ月。今年1年がよい年になるよう、あと3ヶ月頑張ります。

と、いったん書いたところで。。第4次安倍改造内閣の発表がありました。12名の新人が入閣したそうですが、過去問題を起こした甘利氏、稲田氏、下村氏、お友達復活ですね。。何がしたいのか全然理解できないのは私だけ?。。来年は参議院選挙もあるし、沖縄県知事選挙もあったし、さあ、どうなるでしょうかねぇ。。(2018/10/2)


・また台風が来るみたいですねぇ。。もう10月だというのに。なんて年だぁ!
 今日はもう一つ我慢できない怒りをぶつけます。いつも朝7:15からBSプレミアムで連ドラの再放送で今は「べっぴん」をやってます。7:30からは今の連ドラの「まんぷく」になります。「べっぴん」ではミスチルのリズムにのって芳根京子が右から左へ颯爽と歩きます。これを観た15分後に、今度はドリカムの音楽にのって安藤サクラが「ぐたぐた」に歩くんです。もう、本当に「ぐたぐた」なんです。たった15分でこの落差。芳根京子は姿勢もよく、若者らしくリズミカルで弾むように軽やかなんです。でも安藤サクラは「ぐたぐた」なんです。なので、今は7:30になると、これを観たくなくって、テレビを消します。結局8時になると地デジで食事しながら目にはいってくることになるのですが、それでも極力最初のテーマのシーンは見ないことにしています。本当は内田由紀とか松井玲奈とか見たい人もいるのですが。。これから半年、これと付き合わなければいけないのでしょうか。。。
「半分、青い」は凄かったですね。半年平均で21%、最高は24.5%の視聴率を取ったそうです。現代では相当いい数字です。
8:15から「あさイチ」をやっていて、「半分、青い」があと一週間となった金曜日に律役の佐藤健くんが出演し、共演者がいろいろとコメントしていた中で、すずめと律とかんちゃんが一緒に出てきて、かんちゃんがにゃんこスターのアンゴラ村長の真似をしたのがとってもかわいくて、ちょっと我が家の「マイブーム」になってます。ちょっと気分の悪い雰囲気になったときに、「にゃんこスターの真似をするかんちゃんの真似」という新わざは雰囲気改善に絶大なる威力を発揮します。かんちゃん、また出てきてくれないかなぁ~。朝からつまらない話題で失礼しました。
昨日朝、リウマチの薬をはじめて服用しました。週1回の強い薬で副作用もあるとのことでこわごわ経過をみて過ごしました。そう脅かされているとそうなるもので、ちょっと空咳してみたり、口内炎っぽい痛みが口の中にあったりすると、「あ、副作用かな」と思ってしまいます。でも近所を散歩してみたら、久々に足指で地面を蹴って前に進む感触があって、効果もすぐにでてきたように思います。とにかく1ヶ月、様子を見てみたいです。(2018/10/4)


・今朝、「あさイチ」で阿部サダヲが出演している時に、北海道でまた震度5弱の地震が発生したとのニュースがありました。九州だったり、北海道だったり、このところ地方災害が多いですね。昨日夕方四国で西日本豪雨の被災地を元気づけようという音楽祭があり、STU48とかリトグリが出てました。アンジェラ・アキもアメリカから歌を作ってきてくれましたね。思えば2011の東日本大震災の時に、率先して秋元康がAKBを被災地に送り込んだことは、もしかしたらとってもすごいことだったようにも思います。子供達が喜んで元気になると大人もつられて明るい前向きな気持ちになるからです。
昨夜近所の「ゼーホフ工房」というソーセージの美味しい店で期間限定の白ビールセットがあるとかという情報を妻がつかんできて、二日前に友人と偵察に行き、昨日の最終日に夜予約して付き合うはめになりました。(どんな料理だったかはブログに写真を掲載しておきました。)つまり私と行くとセットでつくビール2杯を一人で飲めるという「特典」があるからです。料理はなかなか美味しかったですよ。年寄りならこのセット料理だけで量的には十分。それにデザートの洋ナシタルトとコーヒーを追加注文して、こっちはビール無しでも大満足。美味しい食事でした。(2018/10/5)


・九州の方は台風25号でかなり強風のようですが、関東地方は晴れました。近くの公園で何やら運動会みたいな催し物をやっているようで、大音量のスピーカーで何かがなっていてうるさいので、ベランダを閉め切っています。せっかくいい天気なのにちょっとうっとおしい。。
水曜日にリウマチの薬を初めて服用して、効果はどうか、副作用はどうかと、自分の体を実験台になったような気持ちで様子をみていて、空咳したり、口内炎みたいに口の中が痛くなったりするたびにびくびくしています。そのせいもあるのか、どうもジムに行く気になれず、今週はずっとぷらぷらしていて、もっぱら読書です。ずっと絵をかかなくなってかなりの期間が経ってしまいました。
「蜜蜂と遠雷」という、ちょっとボリュームのある本を読み、立て続けに「曽我の娘の古事記」とか「まほろ駅前多田便利軒」とか1日1冊ペースで読み進め、昨日はまた小川糸に戻って「喋々喃々」を読みました。小川糸の作品に共通するのは、独身の20代女性がひとりで健気に生きていく。過去に母親との間でいろいろあったりして、ちょっと暗い一面もあるけれど、前向きに黙々と一人で仕事をしている。その周囲の人達との関わりの中で、お互いに影響し合っていく。。というもので、デビュー作の「食堂かたつむり」、「つるかめ助産院」、「ツバキ文具店」ではそれぞれ仕事こそ異なっていても同じ空気感の生き方です。「喋々喃々」もそうではあるのだけれど、不倫です。相手が妻子ある男性で「おいおい、それは良くないよ」と思っていたら、最後の一つ前の編で別れることを切りだし、「やっと健全に戻ったかな」と思ったら、最後でまた戻っちゃって、「ズボズボやないかい!」とちょっと幻滅。これはいかん。確かに現実的にはそういう弱い人も多いとは思うけど、それを書いちゃあおしまいよ。それといつも思うんだけど、代書屋だったり、着物古着屋だったりって、けっして儲かってないみたいだけど、ちゃんと生活できるだけのお金が稼げているんだろうかとか、税金とか確定申告はどうしてるんだろうかとか、自由業の一番たいへんなところが描かれてないから、どうも話がうますぎる気がします。現実はもっと泥臭い。生きていくって、そんな颯爽と軽やかに、爽やかに歩いていけるもんじゃないけどなぁ。。と思っちゃいます。体調だって、どこか悪いところはあるし、そんな楽なもんじゃないでしょ。
本を読む力っていうのは「集中力」と「想像力」です。これって絵を描く力とかなり共通しています。1冊読むのに、早ければ2時間、長ければ4時間程度はかかるし、絵もだいたい同じようなものです。「さ、さっと」スピードが出るところもあれば、「ここぞ」というところはじっくり時間をかけて集中力を高めます。今、ちょっとリウマチ治療中ということもあって絵の製作活動がお休みになっていますが、開始すればまたすぐ元に戻れる自信はあります。使用している「ホワイトワトソン」という画用紙は15枚でF6で2500円くらい、F8なら3500円くらいするので、1枚160円とか230円とかする高価な紙です。絵の具もホルベインというチューブ1本300円くらいするし、だから1枚あたり原価だけでも500円くらいのコストがかかっているので、いいかげんな姿勢で描くわけにはいきません。描くときはちゃんと深呼吸して、覚悟を決めてから取り掛かってるんですよ。これでも。だから気持ちが乗ってないときは描きません。その方が失敗しないのです。でもそろそろ秋晴れになって、景色も変わってくる季節なので、「もうそろそろだよなぁ~」という気持ちにはなってきています。そのうち、そのうち。。。。(2018/10/6)

・今日は大きな変化があります。パソコンを変えました。昨日まで使っていたPCは7月末に液晶画面の下の方が壊れてしまっていたので、そろそろ買い替え時期かと思っていたところ、JEMTC(一般社団法人 日本電子機器補修協会)が主催する「官公庁・大企業で余剰となったノート・パソコンをお譲りします」といって、リース満了となって、まだキレイなPCを格安で購入できるという広告が新聞折り込みではいっていたので、今日所沢ミューズまで行ってきました。Windows10で、税別26,000円~5、6万といったところで、行ったらすでに数百名の老若男女が集まっていました。百人単位で説明を受けて、機種の前で触ったり、質問したりして、その後保証書用紙に住所氏名を記入して列に並び、希望する機種(値段)を告げて受け取るというものでした。高校生の男の子と父親とか、若夫婦とか、かなりの年配のおじいさん、おばあさんとか、さまざまで、う~ん、どっちかというと年寄りの方が見え張って高い機種を買っている傾向にありましたかね。安いのには理由があって、リース期間満了の中古品であること(といっても状態はかなりいいですが)、DVDドライブがビジネス用のため書き込み禁止だったり、SDカードが使えなかったり、MSオフィス純正品ではなく、WPS Office(キングソフトオフィス)という互換性ソフトであることなどで、自分としては、初めてのWindows10でとりあえず使えればよいという程度で、一番安いものにしました。税込みで28,000円でした。帰宅してさっそく電源を入れ、Eメールを設定し、こうやってホームページビルダーもインストールして、パソパパ広場2がちゃんとアップデートできるか確認、となったわけです。うまくいけば。。と思ったら、今発見!画像をSDで取り込めない!これはこまった。。。いったん別PCに取り込み、それをUSBに取り込んでやらなくてはなりません。。う~ん。ビジネス用っていうのはそういうもんなんですかねぇ。。。。(2018/10/7)


・今日は昨日に引き続き、PC置換作業として、ウォークマン関連をやろうと思って、ネットで持っている機種とウィンドウズ10の相性を確認したり、ソフトをダウンロードしたりしましたが、結局楽曲をPCに取り込んだところまでで時間切れとなりました。というのも今夜、妻の友人がアルトで参加している川越喜多院の「第13回 第九の夕べin喜多院」の野外コンサートを聴きにいくことになり、「おやおやそれじゃあ急いでジムに行っとかないと」といつもより1時間、早くジムに行って16時に帰り、着替えてから17時に出発し、本川越から喜多院へ。写真はいつものようにブログに掲載しました。熱心な人はユーチューブにアップするとのことです。野外での演奏で、オーケストラはいなくて、二人のエレクトーン奏者が両手両足すべてを巧みに使って、オーケストラに負けない圧巻の演奏でしたし、アルトのソリストの声も素晴らしかった。メインの前に紹介がてらに歌ってくれた「サウンドオブミュージック」のクライムマウンテンの歌声には引き込まれてしまいました。帰りに本川越駅前の「王将」で遅い夕食。疲れたけど充実した一日になりました。(2018/10/8)

・昨日夜まで川越に行ってたのに、「まったくお前はよくやるよ」と言われそうですが、私じゃないです。妻の方です。朝急いで洗濯を終わらせ、箱根のポーラ美術館まで行ってきました。圏央道の入間ICから高速にのって、海老名経由で一気に箱根まで2時間程度で行けちゃいます。といっても妻の運転がないと行けませんが。。。9時に出発して、途中のらりくらり道草しながらも12時前に到着して、美術館内のレストランで食事して「ルドン」と関連する画家の展示を見て、森の遊歩道を散策、さらに仙石原ススキ草原を見て、とんぼ返りで帰ってきました。圏央道はPAがないかと思ったら、厚木PAができていて、帰りの休憩もできて、19時には無事帰ってくることができました。紅葉にはまだちょっと早かったので、緑の木々ばかりでしたが、ススキの風景もよかったし、そろそろ製作活動を再開していこうかと思っています。
明日はリウマチの薬の2回目。医師からは「リウマチじゃなくて加齢によるものね」と言われていた右手親指の節の腫れと痛みですが、なぜか薬を飲んでから腫れもひいて、痛みも消えてきました。1回だけで効果とか副作用とか単純に判断できませんが、信じて様子を見たいと思います。(2018/10/9)

・今日は小山の先輩から、一昨日の格安PC購入の値段が28,000円のところ、280,000円と桁が違っていたことを教えてくれるメールをいただき、さっそく訂正しました。新しいPCはCPUの処理速度が遅くて、OSもウィン10に変わったこともあり、全てがちょっと変わってしまい、慣れる努力中といったところです。画の製作もやっと昨日から再開し、本日第1弾をアップしましたが、今回のPCはデジカメで撮った写真をSDで取り込めないので、いったん別のPCで取り込み、そこからUSBに移して、このPCでビルダーで編集という一手間作業が増えてしまいました。またリンク設定が壊れてしまって、リンク張り直しが発生したり、当面こういった微調整が必要になりそうです。処理速度は安かった分、我慢するし、メモリ容量もビジネスモデルはホーム用より少ないことも認識していましたが、SDがないのはやっぱり痛かったです。いい経験をしました。やっぱり「安かろう。。。」ですよね。(2018/10/11)

・昨日は皮膚科のクリニックに午前に行った後、午後から神代植物園に行ってきました。車で1時過ぎに出発したので到着したのが14時半。曇りだったので、景色としては光と影のコントラストはぼんやりしてしまっていました。でもダリヤとかバラはとても綺麗に咲いていて、その種類の多さにもびっくりしました。ちょうど朝連ドラの後の「あさイチ」で吉田羊さんが出ていて、その後ダリアの花も紹介していて、紅白の花びらの「結納」という名前の綺麗なダリアを記憶していましたが、「結納」という名前は見つけられなかったものの、他に数十種類のいろいろなダリアが見れて感激でした。中央部分の築山とかせせらぎの部分は立ち入り禁止になっていたし、ダリヤとバラを見ているうちに16時になってしまったので、無理せず帰ることにしました。そうそう入園料ですが、大人は500円、65歳以上は半額の250円です。65歳以上の「年間パスポート」なんていうのもあって、1250円です。来年5月からはこの恩恵を受けることができますから、楽しみは来年にとっておきましょう。
昨日のクリニックに妻と二人で受診して、植物園から帰ってから近所の調剤薬局で薬をもらい、二人ともそこそこの金額を払ったので、「今年は医療費控除の10万円に到達するかもね」ということになり、1月から今までの人間ドック以外で受診したクリニックの診療費用と薬代を集計したところ、私が6万、妻が2万。10月時点で二人合計で8万なので、もしかしたら今年は行くかもしれません。歳をとるととにかく医療費用がばかになりません。健康なのが何よりですが。。。(2018/10/13)

・今日も朝雨が残り、すっきりと晴れてはくれませんね~。
10月初めに予告したテレビの新ドラマですが、ほぼ出そろってきましたね。最近の傾向は視聴率が取れないので深夜ドラマに移行する傾向にありますが、そこまで全部含めるときりがないので、ゴールデン中心に評価してみます。
月曜は「月9のフジ」の勝負作「SUITS」。う~ん、昔のトレンディスターの織田裕二と鈴木保奈美を連れてくればなんとかなると思っているようではちょっと無理かなぁ。。火曜日の「僕らは奇跡で出来ている」は前作「健康で文化的な最低限度の生活」の勢いを受けついていて良い作品。フジの中では良作といえます。TBSの「中学聖日記」は有村架純ちゃんが出てるので付き合いで見ている程度。水曜日の「相棒」はパス。「獣になれない私たち」は新垣結衣ちゃんが出てるというだけでなく作品自体がいい。「逃げ恥」を思い出します。これは「推し」です。木曜の「リーガルV」は米倉涼子が「失敗しちゃって」弁護士バッチを剥奪された役でくだらないけど、まあ痛快だし、医療物じゃないから「まあ、いいか」程度。金曜の「大恋愛」は若年性認知症がテーマでちょっと申告。戸田恵梨香とムロツヨシの演技力が魅力ですが、テーマが深刻なので最後まで見れるかな。。今日始まる日曜のTBSドラマ「下町ロケット」はまあ実績があるから。。他にも妻は「ブラックスキャンダル」とか「結婚相手は抽選で」とかチェックしてましたが、広がりしすぎると収拾がつかないので、私は「僕らは奇跡でできている」、「獣になれない私たち」、「大恋愛」の3つに絞りました。そうはいっても狭い家なので妻が見てると自然と目に入ってきちゃうので、他も見てしまうことになりますが^^;(2018/10/14)            


・今日は久しぶりに晴れてくれたので「衣替え」を決行しました。ダウンジャケットとか押し入れの奥から出して、汗びっしょりになってしまいました。ちなみに私はセーターを着ているのにとなりで妻はノースリーブです。ここは日本かっ!
先日秋ドラマの批評コメントをしましたが、既にネットでは視聴率ランキングが出ていたんですね。1位は米倉涼子の「リーガルV」。「ドクターX」の二番煎じでも数字を出すんですね~。2位も「SUITS」。これも織田裕二と鈴木保奈美のゴールデンコンビでちゃんと数字を取った。3位が「下町ロケット」。なんだ要するに前評判の流れそのままなんかい。4位が「ドロ刑」(これ見てません)。5位にやっと「獣になれない私たち」。6位に「大恋愛」。ここまでは10%以上。頑張った「僕らは奇跡でできている」はたった7.6%。みんなもっと内容をしっかり見てほしいよなぁ。。(2018/10/16)


・昨日は天気予報がはずれて、思った以上に晴れましたね。騙されました。。
 車の車検があって玉川上水の方まで行ったのですが、結構晴れていて「こんなことならシーツとかも洗濯しておくんだった。」とがっかり。今日はちゃんとシーツも干しましたよ。
さっき、先日行った神代植物園の作品をアップしました。ダリアは小さいサイズの「おまけ」の紙を使ったので、小さめにしました。バラとススキはちゃんとF6を使ってます。今年は台風の影響で塩害被害も多いらしく紅葉も例年のような色合いが出ないようですね。
おまけに免震、制振のデータ改ざん問題。。自動車もそうだし、不動産もそうだし、まあ財務省もそうなので、これって結局日本全体のモラル低下の問題?そういえばジュリーが契約上の問題とやらでコンサートをドタキャンしたとか。報道で出てきたジュリーの写真を見たら、やっぱり70歳。年取ったね~。むかしを知ってるだけにやっぱりあまり歳とってから出てきてほしくないなぁ。。(2018/10/18)


・今日は晴れたものの天気予報では「不安定なため午後に発雷確率が高いので洗濯物は注意してください」とのことで、ちょっとヒヤヒヤ。それでも先日車検にいっておきながら車を預けられず、昨日用事で使用して今日預ける約束だったので、早目に洗濯を済ませ、9時すぎには出発。小平の墓参りを済ませてから玉川上水のトヨタの店に車を持ち込み、電車で帰ってきました。「天気が良ければ昭和記念公園でも行こうかなあ」という目論みも頭をよぎったのですが、「不安定な天気」が気になって今日は断念。実際は15時頃まではいい天気で特に洗濯には影響なし。今17時頃になってゴロゴロ音がして雨もだいぶ強く降り始めてきましたが。。。
そんな訳で、ちょっと気力もなえてしまい、部屋の中でいろいろ整理してました。ビデオの録画でたまっていたドラマを早送りで見て、さっさと消したり、「日曜美術館」とか「アート・ステージ」とかでも絵画ではなくて建築関係だったりとか、興味のわかない作風だったりしたものは削除することでメモリ容量を確保する作業です。ブックオフで108円で気楽に購入してしまった本の中でも、それほど心に残らずいらないと思った本とか、最初手に取った時は面白そうに思えたのに「それほどでも。。」と感じてしまう本とか、実際にはいろいろです。でもたとえ108円だったとしても一度は面白そうと思った本なので、全く目を通さずに処分するのは気が引けるので、いろいろと仕訳して、さ、さっと目を通して、初めの数ページだけでも読んでみて、それでも興味が沸いてこないと自信をもって感じたものだけを積み上げてみました。反対に「これは面白い」と思った本については、高校時代の本好きの友達に紹介して譲ったりする場が今はあるので、お互いに交換したりしています。最初の本で読んだ小川糸の「食堂かたつむり」とか湊かなえの「少女」なんかのDVDをTSUTAYAで借りてきてみましたが、特に「食堂かたつむり」は本で読んだ方が圧倒的に良かったなぁ。。主人公は言葉を失ってしまってしゃべれないんだけれど本の中ではどんなふうに考えて、どんなふうに見て、感じて、どうしようと思ったのかがちゃんと描かれていて、これに続く「喋々喃々」とか「ツバキ文具店」とかにも引き継がれる主人公の思考の進み方みたいなものを共有できるのに対して映像化した物はそこが伝わってこない。最近の映画で少女漫画が原作になっている作品の中には「原作以上」という評価を得ているものもあるから一概には言えないけど。。そうそう、かつて読んで、また映画を見た松本清張の「砂の器」とか「ゼロの焦点」は「本と映画は全くの別物」だったと思い出しました。映画監督はきっと松本清張の作品をリスペクトしていて、「ヒントにはしましたがあくまで別物です」という姿勢を崩さなかったのではないかと思ってます。だから映画を先に見た人が後から本を読んでも、ちゃんと本は本で味わえることができるのだと思います。
最近テレビで「お茶は体にいい」と言っていたのを聞いて、このところコーヒーと紅茶ばかりだったのを反省して、わざわざ急須と茶葉を購入して飲み始めました。「買ったよ」と妻に言ったら、「あらあら、ちゃんと急須あったのに。。」と言われてしまいましたが^^;
それでもお茶はやっぱりいいです。秋は果物も多くて、最近は柿、梨、葡萄、みかんと、食べる機会が増えました。(2018/10/20)




 ダイアリートップへ戻る           HPトップへ戻る