ダイアリー2018年9月

                              ダイアリートップへ戻る       HPトップに戻る


・あっと言う間に9月になりました。今年もあと4ヶ月。。。
昨日は8月最後でしたが、高校の友人で芝居をやっているやつがいて、神奈川県立青少年センターホールまで観劇に行ってきました。今は西武線から横浜中華街まで直通電車が出ていて乗り換えなしで行けるようになり、とっても便利にはなりましたが、だからといってそうそうしょっちゅう行けるわけではありません。そこでいろいろ研究して、本当は桜木町駅が最寄りとなるのですが、横浜で下車して、今横浜そごうで9月2日までやっている「フェルメール展」を見ることにしました。全て「リ・クリエイト(複製品)」ではありましたが、レベルは高く、全て撮影OKだったので、1から37点全てスマホにおさめてきました。その後、ホール近くの能楽堂とか掃部山公園もみて、差入れの日本酒を購入して、早めに現地に入り、汗を拭いて着替えてからゆっくり観てきました。
友人は主役で、主催する野間氏は大船高校演劇部を育ててその演劇部出身の若手俳優を活躍させる場を提供しようとしていて、友人がそれに協力しての出演でしたので、彼以外は全員大船高校出身の若手役者たちばかり。一人60過ぎの老体にムチ打っての満身創痍の熱演でした。友人の芝居は40年以上前のアングラ時代に見ただけで久しぶりでしたが、「相変わらずださいなぁ」と思いつつ、まさに「ださいダメおやじ」を演技していたので彼の術中にはまってしまっていました。最後にはまんまと泣かされてしまって不覚でした。若手の中で頑張っている姿は我々世代に「俺も頑張らなくっちゃ」と思わせる何かがありました。友はいい役者になっていました。自分の夢を実現したことは立派です。(2018/9/1)


・台風21号が大阪方面に上陸しそうで心配です。電車とか早めの運休を決めたようで、そういう意味では学習効果がありますね。学習効果がないのは塚原夫妻と体育協会。レスリングやボクシングやアメフトであれだけ類似案件があったのに、「対岸の火事」で他人事だと思っていたのでしょうかね~。今週日曜日夜の謝罪文はパワハラを認めたわけでもなく、辞任するわけでもなく、ただ印象を和らげようという意図しかなく、無駄だし、体操協会も「第三者委員会の判断が出るまで今のまま」としていたのでは、現状となにも変わらないですよね。これはもっとスポーツ庁がイニシアティブをとらないといけませんが、どうもいつも腰砕けです。昨夜「スカッとジャパン」で、ひどい上司とかが懲らしめられてスカッとする寸劇が放映されていましたが、このドラマのモデルを実在する今年起こった人物でやったらもっと面白いんじゃないかとふと思ってしまいました。
面白いといえば、朝の連ドラ、「半分、青い」。小山の先輩が「漫画家になったところまで許せてもその後の展開がめちゃくちゃだ。」と怒っていましたが、もうそんなもんじゃありません。五平餅の「仙吉、カフェ」は手放し、有田のへんな会社に就職して東京に出てきて、そこが倒産して、五平餅の屋台ですよ。しかも朝日新聞の月曜日朝刊に今週の展開予告が載っているのを見ると、さらに津曲君、つまり有田とか木村ミドリ子とか、マー君に続いて過去登場したキャラがまだまだ登場してきそうです。律も離婚しちゃったし、もう1ヶ月を切ったというのにこの展開は小山の先輩でなくても心配です。「半分、青い」の作者は入院して病床で書いていたとか。。自分でも話の展開が混乱していたんじゃないでしょうか。無事に9月末にハッピーエンドで収束してほしいと思っているのは私だけでしょうか。。。(2018/9/4)


・今朝起きてテレビをつけたら、北海道地震一色でした。台風被害があったばかりなのに、山は崩れ、家は崩壊し、凄まじい光景でした。午後になり震度7の地点が追加され、液状化の様子も映像で紹介されました。とにかく北海道のみなさん、お見舞い申し上げます。
全てのチャンネルが地震報道かと思ったら、フジのバイキングだけは体操問題をやってました。昨日の速水コーチの会見、そして塚原サイドからポロポロ出てくる映像とか忖度発言とかも紹介されました。A社のA氏もとにかくみんな堂々とマスコミの前に出てきて正直に話すのが一番なのに、みんな田中理事長の真似をしてしまうのが残念です。3年前の速水コーチが宮川選手のほおをぶつシーンが紹介されましたが、これだけ単独では「ひどい」と思うかもしれませんけど、こういう出し方をこの時期になって出してくる人の意図も考えてみたいもんです。また「暴力は悪い」と言う人は「パワハラしていい」ということにはならないので、全て悪かった人はちゃんと昨日の速水コーチのように謝罪し、罪を償ってくれればそれが一番じゃないかと思います。保身や逃げはよくないです。今日、たまたま二日前に生命保険契約をしている朝日生命の方から「1年に1回の契約内容確認」という訪問アポがあり、2時にアポを取った女性とその上司の支店長がきましたが、支店長には言いたいことがあっても逆らえないかのようにアポを取った女性はただ後ろにいるだけで全て支店長がつくり笑いを浮かべながら保険の話をしようとしたので、「今は体操問題でたいへんでしょう。」と水を向けたところ「待ってました」とでも言うように「いやぁ、お客様皆様から言われます。困っております。」とますます作り笑いが激しくなりましたので、「関係ないでしょ」と切り捨てました。結局玄関口で20分くらい介護保険をしゃべりまくり、帰っていきましたが、とにかく「よくこの時期に来たな」といった感じですね~。
昨日は妻の誕生日だったので、近所のイタリアンレストランでディナーを食べてきました。このレストランは8年前に引っ越して近所を散歩中に見つけたお店で、試しに入ってみたらとても美味しくて対応もよかったし、料理教室も開催していて、妻が気に入ってこれにも参加した関係で、以降ずっと付き合って、月1回くらいは通う「行きつけの店」になってます。いつもはランチが多いのですが、誕生日とか特別な日には夜も利用しています。近所に1軒でもこういうお店があるということはうれしいもんです。(2018/9/6)


・今日も地震の被害状況がずっと報道されていました。それにしても、体温を上回る酷暑。西日本豪雨。最強台風。そして震度7北海道地震。自然は間違いなく怒ってる。何に怒ってるんだ?森友、加計問題をのらりくらり逃げつつ三選をもくろむ安倍政権か?相撲協会か?レスリング協会か?日大か?ボクシング連盟か?体操協会か?日本人全員に問いかけられてるような。。このまま「ボーと生きてる」と間違いなくチコちゃんに叱られるぞ。
今年も残り4ヶ月。中途半端に終わらせず、ちゃんと解決してくれないと平成がおわっちゃうぞ。なんか今から思うと「東京オリンピック」なんてなければよかったのかなぁ。。なんて思っちゃいませんか?何か必要以上に「儲かりそう」とか欲かかないで、日々平穏な暮らしをじっくり味わうのっていうのはどうでしょう?私はここのところ、小川糸→小川洋子・河合隼雄→博士の愛した数式→生きるとは、自分の物語をつくること、と読書がずっと続いています。その合間にやっと二枚だけ画も仕上げました。これから秋になると、景色ががらっと変わりますよね。また楽しくなりそうです。(2018/9/7)


・今日はまた高校時代の仲間達と武蔵境の「武蔵野プレイス」で勉強会(?かな)をやってきました。毎回、ちゃんと本やDVDなどの指定教材を読んで、その感想を語り合うという名目でありながら、今回は「ずっしり、あんこ」という本であったせいもありますが、朝7時から行列に並んで豆大福を買ってきたり、前日に虎の門まで行っておせんべいを買ってきたりと、ちょっと「食いしん坊」の集まりになってきてしまいました。おはぎの話がいつしか蕎麦の話になり、またいなりずしの話になり、「つぶあん派かこしあん派か」が「そばつゆにたっぷりつける派か半分つける派か」、さらには「いなりの油揚げは全部くるむ派か半分派か」と喧々諤々。もはや主旨はなんだったのか。。まぁ、楽しいからいいかなぁ。ちょうど1年前からはじまった会ですが、彼らと話すようになって明らかに読書量が倍増し、DVDとかもいっぱい見るようになったし、よく考えるようになりました。生き方の多様性、人生の多様性、人それぞれ悩み苦しみ、それでも一生懸命生きている。そして別れ。同期の友の訃報。一方で芝居で活躍する友。定年退職してから三年が経ち、今年は足底筋膜炎やリューマチ発症で、去年までのようにスピーディには動けませんが、逆に所作一つ一つ慎重に動くようになってきました。(2018/9/9)


・朝晩は少し秋めいてきましたね。暑かった夏からそろそろ秋の声が聞こえてきました。昨夜妻の誕生日に来れなかった息子が泊まりにきて、今日昼食を一緒に食べて帰っていきました。私が若い頃は両親の誕生日にはちゃんとプレゼントを用意していたけどなぁ~とは思いますが、何にもなくても一緒に食事しようと遠方から会いにきてくれるだけでも彼なりの心遣いなのでしょう。。と思うようにしています。
高校時代の友人の一人に、そのだんなさんがむかしフルートを吹いていて元N響主席奏者だった林リリ子先生の門下生だったという話を聞いていたのですが、たまたま月曜日の夜BS日テレの「恋するクラシック」に龍角散の社長でフルーティストの藤井隆太氏が出演していたので、知ってるかどうかでちょっとだけ盛り上がりました。結論としては年代の違いもありご存知なかったようですが、夫婦でよく会話しているかどうかという点で、別の友達から紹介してもらった「人生フルーツ」という老夫婦の生活の話とも合わせて、考えさせられました。
家族も友達も、肩肘張らず、無理せず、いつも自然体で付き合えれば最高ですね。
そんなことを考えていたら、今日3ヶ月ぶりに元管理人だった友人から連絡があり、1年前に再就職した職場を辞めてまた新しく職探しすることとなったとの連絡でした。朝真っ暗の時間に起きて6時頃から仕事を始めて、一人だけで休みを取っても代わりがいないような職場環境で、最初の話とはずいぶん条件も違っていたようですし、何より体調を崩しても「いやならやめれば」といった対応だったそうなので、私からみれば「よく1年辛抱したなぁ」と感じています。このところ体操協会での暴力やパワハラの問題で盛り上がっていて、さらには日体大の駅伝とか重量挙げ協会も出てきたりしていますが、どの職場でもいやがらせやいじめがあり、なくならないですね。泣くのはいつも弱い立場の人達ばかり。。高校時代の友達もまだ苦労が続き、ぎっくり腰になっても週末も休めずに出勤しているやつもいるし、彼らに比べれば自分はまだまだ幸せなんだと実感します。何もできないけど、話をきいたり、こうやってHPでいろいろ話題を提供したりすることで、少しでも気持ちがほぐれてくれればと思います。
アメリカの9.11同時多発テロからもう17年だそうです。3.11の東日本大震災からも7年。北海道地震から1週間。。いろんなことがどんどん起こるので記憶が薄れてしまいそうですが、災害にあった方々にとっては何も終わっていないでしょうね。そういった人達にも思いをはせて、日々を大事に生きていきたいものですね。(2018/9/12)


・今朝は寒かったです。寝る時はまだタオルケットでもいいくらいだったのに朝5時頃は相当寒くて薄手の布団をかけました。今年の夏は猛暑を通り越して酷暑でしたが、ようやく秋になってきたということですね。
今日は元モーニング娘の「ヨッスィ~」、つまり吉澤ひとみの酒気帯び運転事故というより、事故後の嘘について、あちこちのテレビでもちきりでした。今週最初の頃までは日本体操協会の塚原氏の話題ばかりだったのが、ウェイトリフティング協会とか日体大駅伝とかのパワハラ問題になったり、かと思えばテニスの大坂なおみ選手がUSオープン優勝したこととか、稀勢の里が五連勝したとか(今日は負けちゃったけど)、本当に話題は豊富だけどもどうも節操がない。。北海道の節電問題とか、自民党総裁選挙とか、沖縄知事選とかにどうしてもっと時間を割いて、しっかり正確な情報を出さないのでしょうかねぇ。。そういえばかつてあれほど話題にした築地、豊洲の移転問題も本当はもっとちゃんとやらなきゃいけないだろうし。。すべてが中途半端に流れてゆき、そのうち記憶が薄れていって何にもなかったことになっちゃう。。
国民一人一人は真面目にしっかり生きてますよ。政治家もマスコミももっと地に足つけて、胸に手を当てて、国民のために今何をしていかなければならないのか、幕末・明治の若者のような高い志をもって、勇気をもって、今後の50年後、100年後まで考えた国のあり方を見据えて、一つ一つを丁寧に進めていってほしいもんです。(2018/9/14)


・今朝はいい天気になりましたね。いまいっぱい洗濯物を干したところです。
昨日のニュースは安室奈美恵の引退が中心で盛り上がっていたようですね。でも私は雨の中、辻堂に行って、昨年急死した高校時代の親友の「一年祭」に出席してきました。なぜ一年祭というのだろうと調べてみたら「神道」では一周忌といわず一年祭という儀式になるそうです。初めての体験でしたが、霊璽(れいじ)という、仏教でいうところの位牌に相当する物と本人の写真を飾り、神主さんがお祈りする形で、参列した我々は玉串という榊の枝を奉納して二礼二拍手一礼します。その後、墓地にいきましたが、線香ではなくロウソクとともしました。この親友とは高校2年の時、同級生でしたが、むしろ本格的に付き合っていたのは浪人時代から大学時代。別の大学でしたが、高田馬場でよく会っていろいろ遊んでいました。当時大学で知り合ったという彼女を時々連れてきていて、その人と後に結婚しました。奥さんとは彼の結婚式以来久しぶりに再会しましたが、昔のままでした。彼は一昨年の冬、二階の階段から転落し、尾てい骨骨折で入院。昨年5月には退院してリハビリに励んていましたが、リハビリ中の心臓への負担が原因だったのか9月に急死してしまいました。63歳。これから夫婦で旅行に行きたいねと話していたそうです。5月頃、もう一人一緒に若い頃遊んでいた友人が見舞いに行った際に私のこのHPの画をみてくれて、褒めてくれたそうです。今から思うと病室での彼のリハビリの励みに少しでも役立っていてくれたのならと祈るばかりです。本当はもっと、これから語り合いたかった。残念ですが、彼の息子さんにはちゃんと彼の面影が残っているし、ちゃんと繋がっていると感じました。
また彼は水泳部だったのですが、水泳部仲間で共通の友人が先日言った十八割蕎麦のやつで、水泳部連中は奥さんを招いて蕎麦打ち体験を盛り込んだ一周忌をやったそうです。高校時代の暖かい仲間達です。
さあ、残った人達はこれからまた元気を出して、前を向いて、彼の分も元気に生きていきましょう!(2018/9/16)


・今日は暑い!ベランダで洗濯物を干すとき、肌にあたる陽の光の圧がものすごく強くて真夏の時と同じでした。
 朝天気予報の確認のためにつけたテレビでは、安室奈美恵の沖縄ファイナルライブと樹木希林のニュースでいっぱいでした。安室奈美恵は昭和の美空ひばりと同様、平成時代の象徴となった女性歌手なんでしょうね。25年君臨してずっと輝き続けたということは真似のできない功績ですね。
一方の樹木希林。むかし森繁久彌の「七人の孫」という番組でお手伝い役をやっていた「悠木千帆」という女優の頃から覚えています。「時間ですよ」とか「寺内貫太郎」とかおばあちゃん役で特異な存在でしたよね。テレビでは「ずっとピンピンしてたら死ねないわよ。少しずつどこか悪くなってきて老いを実感できるから死ねるのよ。」とインタビューで言っているところが放映されていました。なるほど、そのとおりだなぁと今なら実感できます。老いることを楽しみに生きていくというのもいいかもしれません。
昨日友人に薦められて夜9時からNHKスペシャルで「南硫黄島」を観ました。南海の孤島で、ダーウィンの進化論の研究にぴったりの場所とのことで、法律で上陸禁止になり、10年前に1回目の調査が行われ、今回10年ぶりに2回目の調査探検隊が入島しました。木霊(こだま)という小さなカタツムリの生態を調査し、北海道原産で鳥に付着してやってきて、この島で独自の進化を遂げてきた様子がわかってきたとのことです。10年前にはなかったドローンを使った調査でカツオドリの巣を発見したり、こうもりが真昼間から悠然と空を飛ぶ姿が見られたり、これまでの常識を覆す発見があったとのことです。研究者が目を輝かせて、登山の専門でもないのに、必死に岩山にへばりつく姿が面白かったです。
ちょうど昨日読んでいた北村薫の「八月の六日間」で槍ヶ岳や奥穂高に登っていた30代時代の自分に重ねて読んでいたのですが、58歳のロートル研究者で10年前から木霊(こだま)の研究をやっている千葉さんという方が若い研究者と一緒に登山で頑張っている姿に共感しました。目的を持っている人は年に関係なく、生き生きしていますね。もっと頑張らねば。。。
また今朝「半分、青い」に続いてついていたテレビで三浦春馬がフランスでチーズを探索する番組に現地でバイヤーをやっている女性が出てきて、「ああ、こうやって外国で一人頑張っている人ってけっこういるんだなぁ」と思いました。ちょうど一昨日高校の親友の一年祭に行った時、奥さんの妹さんの娘さんがオランダに単身で行って、一人で頑張っていると聞いていたことを思い出していました。(2018/9/17)


・昨日は元管理人の友人とお昼に池袋に会いにいってきました。8月末まで朝早くから頑張って仕事を続け、9月からまた新たに職探しすることになりましたが、まずは心と体を休めさせてあげたいと思いました。ビル管理の仕事を一人でやっていて、バックオフィスに連絡窓口となる担当がいるのですが、この担当の良しあしで環境条件はがらっと変わるようです。今回はこの担当一人が問題だったようで、総務とかはちゃんとした会社だったようで惜しかったです。また現地のクライアントも仕事ぶりをちゃんと評価してくれていたようだし、近所でいつも食事していた食堂でも「今日で辞めます」と言ったところ、慰労の一品サービスがあったそうです。1年間頑張った「ご褒美」はちゃんとあってよかったと思いました。私と別れてさっそくハローワークに職探しの検索作業に行ったようです。私はゲリラ豪雨が心配でさっさと帰ってきましたが、案の定18時頃池袋では大雨だったようですね。
夜は「健康で文化的な最低限度の生活」と「義母と娘のブルース」が最終回で、一方で日テレでは安室奈美恵の特集番組が組まれていたりとちょっとどれを観るか迷う時間帯がありましたが、そこはそれ。我が家の最強の3番組録画システムの本領発揮で無事クリア。ちゃんと一昨日のミュージックステーションの10時間録画をチェックして、必要部分以外は削除し、保存部分だけDVDにダビングするという地道な作業でディクス容量を確保して臨みました。結局なんだかんだといって、こういった地道な作業に時間がとられてるからなんだよなぁ~。本当はもっと集中して読書もしたいのだけれど、なかなか進まない。それにこのHPだってこうやってアップするのも意外とたいへんなんですよ。そうそう、昨日樹木希林がむかし森繁久彌の「七人の孫」という番組でお手伝い役をやっていた「悠木千帆」だったという話を載せた際に、名前の漢字を間違えて「森重久弥」と載せてしまったところ、さっそく小山の先輩より指摘のメールがきました。あわてて訂正してから池袋に出かけて元管理人の友人にその話をしたら、彼もちゃんとチェックしていて間違えていたことを認識してました。こわい、こわい。手を抜けない。今「蜜蜂と遠雷」という本を読み始めたところですが、出てくる熟語に「ああ、日常的にはこういった言葉は使ってないなぁ。」と思う言葉は結構あります。まだまだ「伸びシロがある」と思うことにしましょうか。。(2018/9/19)


・今日は一日、雨ですね。最近は雨の日は今一つ体の調子が良くないです。骨盤と足の付け根付近に若干痛みがあるようで、今日はジムは自粛しました。昨日頑張って500頁で上限二段のかなりのボリュームの「蜜蜂と遠雷」を根性で読破しましたが、今日はその反動で全体的に脳がだるいです。しょうがないのでDVDの「ビフォア・サンライズ」を観ました。これも例の高校仲間の課題ですが、洋画作品は最近いろいろあるんですね。列車の中でたまたま話しかけたフランス娘とアメリカ男がウィーンでひたすらずっと語り合うというもの。一夜限りのためお互いに好きになってしまうと別れがつらくなるからと、一線を越えないようにずっと考えていて、それでも会話はどんどん人生の深い所に行きつく。人生論のようでもあるし、哲学的でちょっと理屈っぽいかなと思える作品で、これが邦画だと「この監督は何を表現したいと思っているのだろうか。。」と考えてしまいますが、これについては「ま、いろいろあるんだな」と素直に許容してしまいました。ネットで調べたら、続編があって、同じ配役で「ビフォア・サンセット」「ビフォア・ミッドナイト」と、どんどん役者も歳をとっていくらしいです。でもこれは、最初の若い時の悩んでいる姿がいいな。その先が気になって見たいというのも人間心理かもしれないけど、いろいろと想像を膨らませる方がいい場合もある。余韻のある終わり方の方が可能性が広がる感じがするなあ。。今日は雨なので、ちょっとしっとりです。(2018/9/21)


・今日は、妻の合唱コンサート。勝どきのトリトンスクエア内の第一生命ホールで13時30分からだったので、妻は朝8時に、私も洗濯を終わらせて早々に10時台に出かけました。朝はまだ雨が残っていたので部屋干ししてきたのに、帰りの電車で青空が見えて、「惜しい事をした」と後悔。でもしょうがない。コンサートはブラームスのジプシーの歌でしたが、全然知らなかったので不覚にも途中少し寝てしまいました。私の職場の先輩にあたる方で練馬でやはり混声合唱をやっている女性がわざわざ遠くから聴きにきてくれていて、出口で声をかけてくれました。この方が参加されている練馬の混声合唱合唱コンサートは、団員のみなさんが本当に仲がよくていつも笑顔で楽しく活動しています。指揮をとる先生がずっと創立当初から続けてくれているので、まとまりが抜群です。そしてその先輩はいつも「きりっ」としていて姿勢がよくて、とってもかっこいいんです。妻とはタイプが違いますが、二人とも混声合唱アルトパートつながりでこうやって聴きにきてくれています。久しぶりに一緒に帰ることとなり、ずっとおしゃべりしているうちにあっと言う間に練馬まで来てしまいました。来年は7月に開催とのことで今から楽しみにしています。(2018/9/22)


・「暑さ寒さも彼岸まで」とは言いますが。。予報では埼玉は曇り後雨だったわりには、昼頃に晴れてくれました。おかげで洗濯物がよく乾いてくれました。そこで妻の方のお墓参りに行ってくることができました。墓参りにいくのに先立って、仏花を先に買っておこうと所沢の「食の駅」に行って、美味しそうなオハギも買いました。先日読んだ「ずっしり、あんこ」以来、つぶあんがすっかりやみつきになってしまったようで^^;ちょっとあとが怖いですが。。
先日妻の合唱コンサートに来てくれたカッコイイ先輩のお話しをしましたが、それで年二回会っているかつての職場の1年先輩の人達にもメールしました。たしか次回は11月に会う約束でしたが、共通の知人の話を紹介できるために、近況報告がてらメールしてみたのです。どうやら体の不調は私だけではなかったようで、腕や肩が不調とのことで苦しんでいるという返信がきました。みんなこれからは上手に老いることを楽しんでいきたいですね。(2018/9/24)


・今日も雨でうっとおしいです。朝一番で、6月に検査しにいったリウマチのクリニックに行ってきました。前回の検査結果から、「リウマチ因子の数値は高いのでいつ発症してもおかしくない状態。でも今痛くないのなら今すぐ治療を始めなくてもよい。発症するのは明日かもしれないし、1ヶ月後かもしれないし、1年後かもしれない。なかには因子は持っていても発症しない人もいる。とにかくどこか痛くなったらすぐにいらっしゃい。」ということでそのままとなっていました。1ヶ月ほど前、高血圧の医師でこのリウマチのクリニックに紹介状を書いてくれた医師に右親指の関節がちょっと腫れてきて少し痛みがあると相談したところ、「痛くなったら〇〇クリニックに行ってください。」とそっけなく言われてしまったのですが、その後腫れもひいて痛みも治まったため、「そのうち行こう」程度でおりましたが、高校時代の仲間の一人が医学講演会でリウマチの講義を聴いてきて、「早期治療が大事」と聞いてきたよと早めの受診を勧めてくれました。ほかにもリウマチ最先端医療もできる大病院もあることなどを含めて熱心な勧めをもらいましたが、今のクリニックに行かずにいきなり別の病院というのも。。と思って、まずは今のクリニックに行って受診してみて、その結果が納得できなければ病院を変えてもいいかなと思うことにしました。今日の受診の結果、「右親指はリウマチではなくて加齢によるもののようですね。でも足の中指あたりはリウマチの可能性があります。もう1回ポイントを絞ってしっかり検査して来週判断しましょう」ということになって、レントゲンと血液検査を受けてきました。
 先に今日のお話しをしましたが、昨日雨だったので一日中読書三昧で「曽我の娘の古事記」という本を読んでました。大化の改新から壬申の乱に至るまでの天智天皇、天武天皇の争いの中で無名のまま歴史編纂に取り組んだ百済人と曽我入鹿の娘を描いた話で、歴史物でもちょっと変わった視線で描かれていてとても面白かったです。それでさっきブックオフにいって、さっそく「もういちど読む山川日本史」を購入してきちゃいました。歴史物にはまるとあとがこわいんですよね~。気をつけないと^^;   (2018/9/26)


・今日は朝まだ雨が降っていましたが、東松山の墓参りを決行しました。本当は彼岸時期に済ませたかったのですが、いろいろ用事が入ったり、天気が悪かったり。。今日も雨でしたが午後雨が上がるという天気予報に期待して11時頃に出発。途中で仏花を買って、12時すぎに到着。でもまだ雨が降ってました。墓の周囲が草で覆われていただけでなく、その草の影響で塔婆1本が折れてしまっていて、たいへんな状況でした。傘もささず、妻と二人で必死で掃除して、汚れていたお墓もすっきりきれいにできました。床屋にいった後みたいにさっぱりして気持ちよくなりました。今日行ってよかったです。帰路についたらもう14時。昼食がまだだったのですが、妻が行こうと思っていた川越の中華屋さんは14時までだったっけ?と車中から電話。「14時半までですよ」ということで、ぎりぎりセーフ。美味しいトマト麺を食べることができました。写真はブログの方に掲げておきましたのでご覧ください。
今日はよっすぃ~が釈放されたり、貴乃花問題でうじうじしてたり、トランプと安倍のエゴ対談報道があったりと、ニュースはイマイチでしたね。15時頃から雨も上がり、明日は久しぶりに晴れるみたいなので、思いっきり洗濯です。昨日、今日と宗谷出張だった友人が帰ってくるので、またメールが騒がしくなることでしょう。「半分、青い」も東日本大震災で仙台の病院で看護師として働いていたスズメの親友の裕子ちゃんが亡くなってしまい、「後二日しかないのに大丈夫かぁ?」という状況で目が離せません。朝日新聞の木曜日朝刊にその週の視聴率ランキングが載っていますが、「半分、青い」は最近の朝ドラの中ではおそらく一番高い23.9%まで出したこともあり、今日も好調でした。民放のドラマでは「義母と娘のブルース」が最終話で19%で4位と大健闘。やっぱり綾瀬はるかは凄いですね。なんだかんだといって、また来週から10月で、新しいドラマになります。あっという間に今年もあと3ヶ月ですよ。。今年は1月から足底筋膜炎に始まり、ずっと調子が出ないままここまで来てしまいました。節目であることは間違いなく、自分の人生を点検して、今の体調を改善するにはどうすればよいのかも考え、出来ることはやる、出来ないことは受け入れるという選択も、大谷並みに考えたいと思います。(2018/9/27)


・9月も明日で終わりですね。この9月は最初の台風21号から始まり、北海道の地震をはさんで、最後にまた台風24号でしめくくるという何とも災害の多い月になってしまいました。昨日は久しぶりの晴天で洗濯機を2回回して、夏物の衣類を思いっきり洗濯しましたが、今日からはまた雨。今日は上野から銀座にはしごして、絵の展覧会3つを観てまわりました。最初は上野の東京都美術館内の「水彩人」。私のすまいの隣の隣に昨年度代表だった画家先生が住んでいて、その関係で招待はがきをいただいておりました。有名な小野月世さんとか浅田ようこさんとか結構著名で腕のある画家の絵もたくさん展示されていて、とても勉強になりました。20回記念ということでしっかりした画集も編集されていたので、2000円はちょっときつかったですが購入しました。
その後は、銀座。妻の知人から「紙パルプ倶楽部絵画展」というのを紹介されて、銀座の「紙パルプ会館」というところに行ってきました。プロ級の絵から素人の絵、水彩、油彩、パステル、水墨画、版画、切り絵とバライティに富んでいて、とてもアットホームな作品が多くて、これはこれで楽しい展覧会でした。そこの1回に「ミモザ館」というレストランがあるのを発見して、ランチのカレーが900円で美味しそうだったので、思わず入ってしまいました。スープ、サラダ、カレー、コーヒー全部ついて900円で、味もよくコストパフォーマンスもよく、雰囲気も、お店のスタッフ対応もよくて、思わぬ掘り出し物でした。気分を良くして「せっかく銀座に来たのだから」と、「一枚の絵ギャラリー」まで足を運んで観てきました。今回は「羽倉恭子展」をやっていました。花の絵を得意とする画家で水彩から油彩まで見事な色使いでレベルの高い作品が展示されていました。今回の3カ所の展覧会はそれぞれユニークでとても良い作品をたくさん観られてとても収穫となる充実した日になりました。雨さまさまです。明日は台風で風も強くなりそうなので、読書とDVDかなぁ。。これでもう9月も終わっちゃいますね。10月から頑張ってまた絵を描かないと。。(2018/9/29)


・富田林署から逃走した樋田容疑者が山口県でやっと逮捕されましたね。8月12日から49日逃げ続けていたんですね。9月中に逮捕できてまずはよかった。台風が来る前だったし。。その台風。今日はずっと雨が降っていませんでしたが、15時頃からやっと所沢も大雨になってきました。日本女子プロオープンは大丈夫だったのでしょうか?こんな日が最終日だなんて、皮肉なもんで。。
今日は雨ということで先日観たDVD「ビフォア・サンライズ」の続編の「ビフォア・サンセット」を観ました。この後、「ビフォア・ミッドナイト」も観る予定。
さあ、明日から10月。新しいページになりますね~。早い、本当に早い。あっという間の9月。災害ばかりの9月。10月はもっと楽しく明るい日が続くといいですね。(2018/9/30)





    ダイアリートップへ戻る         HPトップへ戻る